診療のご案内

4.リハビリテーション

当院では、療養型におけるリハビリテーションとして、症状、体力、潜在機能を評価し、現在の状況を分析の上、療養生活における最高のQOLを得るために適切なリハビリテーションを行います。

1.施設の概要

当院の主なリハビリテーション対象者は、次のような疾患の患者様です。

  1. 整形外科疾患 : 肩関節周囲炎、変形性膝関節症、腰痛症
  2. 脳血管系疾患 : 脳卒中後遺症、パーキンソン病
  3. 内科系疾患  : 腎不全、糖尿病

2.施設基準

1)運動器リハビリテーション科(Ⅲ)

3.理学療法について

理学療法では、身体に障害を持つ方に対しても、生活の基本となる、座る、立つ、歩くの動作が円滑にできるように訓練を行います。又、その動作ができない原因となっている身体機能の問題に対して、運動療法、物理療法を行い、機能の維持・向上による生活能力の改善を目指します。

4.設備概要

  1. 運動療法器
    ・平行棒 ・歩行器 ・杖 ・プラットホーム ・訓練階段 ・起立訓練台
    自転車エルゴメーター ・肋木
  2. 物理療法器
    ・スーパーライザー(低出力直線偏光近赤外線照射治療器)
    ・頸椎・腰椎牽引器 ・ホットパック ・マイクロウエーヴ ・低周波治療器 ・渦流浴